風見どりの家

 旧家から引き継がれた「風見どり」が青空に映える「風見どりの家」が完成しました。「焼杉」の外壁が印象的な「風見どりの家」は、1階は親世帯、2階は子世帯、そして地下は家族室の大型2世帯住宅です。

 両サイドに分けて配置した玄関。道路からのアプローチを世帯で分けた配置としました。共に玄関ドアにはヒノキで造作した木製玄関引戸を採用。ヒノキの香りが毎日出迎えてくれます。

 1階は、リビングとダイニングキッチンを間仕切り家具で仕切り、視線が広がる広々とした空間に仕上がりました。リビングの隣に配置した和室は建具を開けるとリビングとも一体の空間となり、   帖を超える大空間になります。お子様たちのご家族がそろった時には皆で楽しく過ごすのがお母様のご要望でもありました。LDの奥には縁側を通してお庭につながる寝室があります。麻を使用した建具から柔らかな日差しが差し込み、心地よい時間が流れます。

 2階への階段を登ると子世帯のLDK。1段下がったリビングや勾配天井の和室。トップライトから柔らかな光が注ぐ書斎コーナーなど高さに変化がある楽しい空間となりました。1段下がったリビングには堀田カーペットさんのウールカーペットを敷き、無垢板の床とは別のカーペットならではの暮らし方が新鮮です。

 そして、1階から階段を降りると、風見どりの家の特徴でもある地下室に通じます。

 東西に配置した部屋はドライエリアからの光が注ぎ、明るく風通しのいいお部屋になっており、地下にいることを忘れてしまうほどです。年間を通して温度変化が少なく静かな地下室は、趣味室や寝室など色々活用できますね。敷地に限りがある都内の家づくりでは、地下室も良い選択肢の1つです。

 「風見どりの家」は2台のパッシブエアコンを搭載。1、2階どこの部屋、どの場所にいても心地よい空間が実現できました。

物件情報

地下1階+木造2階建て
B1F 57.98㎡
1F 91.35㎡
2F 98.54㎡
延床 247.87㎡