さらにいい住まいを
ずっといい住まいを。

その住まいに入ったとき、その部屋でゆっくりとくつろぐとき、忙しく家事をするとき。
朝と昼と夜、晴れの日や雨の日、平日と週末、春夏秋冬。そうした様々な生活のシーンにおいて「気持ちがいいなあ」「暮らしやすいなあ」と思ってもらえる住まいを、私たちはご提供したいと思っています。
そうした「居心地のよさ」を実現するための要素には、次のように様々なものがあります。

心地よさに
 厳選素材

国産構造材利用
長寿命な住まいを考えたとき、重要になるのが構造体に使う材料です。とくに木造軸組住宅では、その性能や品質の良し悪しが、住まいの寿命に大きく影響します。
私たちが使うのは、シロアリや腐れに強い国産のスギ、ヒノキ。強度(ヤング係数)や含水率を一本一本測定し、高い基準を満たした木材を使用しています。このことによって、構造設計の精度が向上し、木材が乾燥する過程で生じる変形を抑えることができます。
こうした高い品質の木材を安定的に提供できるのも、木材生産者と顔の見える関係を築いているからです。木材生産地を訪れ、育成林、加工、乾燥などの現場を自分たちの目でみることも欠かせないことだと考えています。
内装材
やどりでは、木、鉄、石など素材そのものの良さを活かす家づくりを心がけています。自然素材そのものは、肌さわりの良さ、素材の美しさなど、既製品にはない独特の風合いを楽しむことができます。時には傷が付いたり、反ったりすることもありますが、適切なメンテナンスをすることで、家に馴染み、味わい深く変化していきます。
自然素材が皆様もとに届く過程の中では、住まい手のことを考え、材料を育て、大切に作り上げる生産者の方々の熱い想い。その想いを受け継ぎ、素材の良し悪しを熟知した職人が技術を活かし、プライドを持ってつくりあげます。
自然塗料
私たちの主食であるお米を精米すると糠が出ます。昔の人は糠を布に包んだ糠袋で床や家具など家中をピカピカに磨いていました。近年では、便利さを優先した科学物質製品に多くが代わり現代病とも言えるシックハウスの問題が大きくなってきました。
キヌカは、溶剤を使用せず、米糠から抽出した油脂分と天然素材だけを使い、無臭で「赤ちゃんが舐めても大丈夫!」な塗料として最高レベルの安全・安心を備えた日本生まれの自然塗料(米ぬか塗料)です。 裸足で暮らす日本人の生活に最適な木の温もりや素材を感じる事が出来る無臭で安心な塗料です。
断熱材/セルロースファイバー
今や住まいづくりの欠かすことのできない断熱材。人体や環境にも優しい家づくりを目指すやどりでは断熱材にはセルロースファイバーをお勧めしています。セルロースファイバーは、古紙を再利用した断熱材で、様々な太さの繊維が絡み合い、空気の層をつくっています。また、1本1本の繊維の中にも自然の空気胞が存在しており、その空気の存在がよりいっそう熱や音を伝えにくくしてくれます。
断熱材に問われる性能とは、断熱性が高いことはもちろんですが、耐久性、不燃性、防蟻性、施工性、そして調湿性も大切な要素だと考えます。セルロースファイバーは周囲の状態に応じて水分を吸ったり吐いたりしているため、適度な湿度を保ち内部結露を防ぎます。それによって、大切な建物の寿命を延ばすことにもつながっています。
防蟻
木造住宅の劣化は第一位は「腐朽」で、第二位は「シロアリ」の害だと言われています。木造住宅では、湿気で躯体(土台・柱)が腐るのを防ぎ、シロアリの害が出ないようにすることが必須です。ただし、一般的にシロアリ駆除剤は身体にも害がある場合が多いので、やどりでは、完全自然素材の「ホウ酸」を散布することで、家の安全と、身体の安心を維持することに努めています。
ホウ酸は、アメリカの鉱脈で採掘される「ホウ酸塩鉱物」を精製して作られます。また、鉱脈の他にも、海水、淡水、岩石、すべての植物、土壌などに存在する天然物で、人体に影響がありません。非揮発性物質なので空気を汚さないので、床下の空気を循環させる工法にも安心して利用できます。

住み続ける
ための工法

シロアリ対策
シロアリ対策は、予防と被害拡大防止のための早期発見が重要です。
やどりのシロアリ対策における基本的な考え方は、まずは「薬剤に頼らない」というスタンスで臨みます。予防や被害を抑えるために薬剤は有効な措置のひとつですが、こうした薬剤には室内の空気を汚染する恐れがあるものもあるため使用しません。そのための予防措置としては「物理的にバリアをつくる」ことを基本に考えます。
また被害を最小限に抑えるために、「早期発見のための措置や態勢」を基本に置きながら、蟻害を受けにくい材料を使い、木材を常に乾燥させ、点検が出来るようにすることがポイントになります。その上で、補助として人間に無害なホウ酸で木材に防蟻性能を持たせています。
ネダレス工法
床はその上に載る人や家具などを支えられるだけの強さを持つことは当然として、床にはもう一つ大切な役割があります。それは、建物に働く水平力(地震力や風力)を耐力壁に伝えるという役割です。
水平力は床から耐力壁に伝え、耐力壁から土台や基礎に伝え、最終的には地盤で受け止めます。耐力壁の力が強いほど、床の力(水平耐力)は大きな力を伝えなくてならず、大きな耐力が必要になります。
やどりでは合板を利用し床の耐力を高くした「ネダレス工法」を採用しています。
モイス・筋交い
地震や台風などによって建物が倒壊しないようにするためには水平力(横にかかる力)に抵抗することが必要があり、そのためにもっとも重要なのが耐震壁です。
やどりの耐震壁には筋違と構造用面材を採用しております。筋違いは軸組が構成する四角形の壁面に斜め材を入れることで三角形の架構をつくりだし、変形しにくくして地震力に抵抗します。構造用面材は柱、梁を大きな面で覆うことで高い壁倍率(水平力に抵抗する力)を得ることができます。
また、やどりで採用する構造用面材は壁内に湿気をこもらせないため湿気を通しやすい(透湿抵抗の低い)面材を採用しています。
通気層工法
木造住宅の外壁には、室内側からの湿気が入り込み、断熱材の欠損があると壁内結露(内部結露)を起こす可能性が高いとされています。この壁体内結露によって壁内の木材が腐って建物の耐久性を低下させ、また、カビ発生の原因にもなります。
やどりでは、このような状態を改善するために壁体内の湿気を外部に放出する手段として『外壁通気工法』を採用しています。この方法は壁体内の湿気を透湿防水シートという材料で壁を覆い、外壁材との間に外気が流れる層をつくることによって、壁内の湿気を通気層を通して外部に放出する方法です。 壁体内結露の発生を抑えることができ、その結果として建物の耐久性が向上することになります。