株式会社創健舎

こだわりを形にする
注文住宅・リフォーム

0120-006-204

MENU

Menu

STAFF

スタッフ紹介

大工

小野寺 涼

Ryo Onodera

建築の知識を現場で生かす。

岩手県出身で、山形の大学で大学院まで建築の勉強をしていました。大学ではリノベーションを専攻し、高等学校の教諭免許(工業)も取得しましたが、幼い頃からものづくりが好きだったこともあり、自分の考えを自分でかたちにできるようになりたいと考え、大工という道を選びました。現在は、大学院まで培った建築に関する知識を現場で活かせるような大工になれるように修行しています。

まだまだできることは少ないですが、頼まれた仕事は、全身全霊をかけて取り組みます。また、大学ではデザインの勉強もしていたので、大工仕事に限らず何かしらのアイディアを提供できればと思います。

家づくりへの想い

どうしても大工仕事は作業内容として危険の伴うことが多いですが、そんななかでも絶対にケガをしてないように、常に冷静に行動できるように心がけています。安全でより良い仕事ができるように、とにかく身の回りの整理整頓と清掃を常に意識して、お客様がいつ来られても気持ちのいいようなキレイな現場を保つように仕事しています。

私が感じる創建舎の魅力

さまざまな視点で視野を広げて、刺激を受けながら仕事をしたいと考えていて、東京で大工修行をしたいと思っていました。そんななかでも、お客様の生活に寄り添った設計内容と建てた後のメンテナンスの充実、なにより徹底管理されたキレイな現場に感動してこの会社で大工として働きたいと考え、創建舎を選びました。

プロフィール

岩手県出身。
幼いころからやんちゃで落ち着きのない子供でした。体を動かすのは好きで走り回っていたこともあり、学生時代は陸上部で短距離選手として汗を流しました。その反面、勉強は大嫌いで、体育や図工にばかり集中して授業を受けていました。その過程でも、物づくりに興味を持ち、工業高校で建築を専攻するようになりました。興味あることに関する勉強は好きみたいで、気がつけば大学院までの勉強をしていました。
体を動かすことが好きなので、休みの日は、ランニング、スノーボード、DIY、アウトドアなどを楽しんでいます。

 

相談・お問合せ

完成見学会情報

電話でお問い合わせ

お問い合わせフォーム