地鎮祭

家づくり&リフォーム 役立つ知識・技術

 

「地鎮祭」は工事に先立ち、土地の神を祝って敷地を清め、工事中の安全と建築物が何事もなく永くその場所に建っていられることを願うお祭りです。一般的には神式で行いますが、仏式・キリスト教式でも構いません。神官は地域の神社に依頼します(ご存じでなければ創建舎で依頼)。日取りは吉日の午前中を選ぶのが好ましいでしょう。建主とその家族、設計者、施工者など工事関係者が参加します。
祭場を敷地のほぼ中央に配し、四方に立てた斎竹(いみだけ)に注連縄(しめなわ)を張りまわし、そのなかに神籬(ひもろぎ) を南向きに安置します。

 

 

建主の準備

地鎮祭

  • ・お神酒(一升)

  • ・米と塩( 各小皿一杯程度)

  • ・お供え物( 野菜・果物・海産物を各2,3 品 20 センチ四方の台に乗る程度の量)

  • ( 例:大根・人参・茄子・みかん・りんご・バ ナナ・スル メ・昆布・尾頭付きの鯛など)

 

祈祷料は、「初穂料」又は「玉串料」とし一般的に3〜5 万円程度を包みます。お供え物を神官が用意した場合は「御供物料(おそなえものりょう)」を、神官が遠方からみえたときなどは「御車代」をお礼とは別に渡すようにします。また鳶が斎竹や清砂を準備しますので「寸志」として1万5 千円程度を用意します。そのほか鍬(くわ)や鋤(すき)、直会(なおらい) の杯などは創建舎で用意します。建主はお神酒(おみき)、米と塩(各小皿一杯程度)、そして山の幸・海の幸などのお供え物を用意して下さい。

 

 

地鎮祭の順序と作法

切麻散米
切麻散米

祝詞奏上
祝詞奏上

  1. 修祓(しゅばつ) ・降神(こうしん)・献饌(けんさん) の儀

    • 〜神官が執り行う〜
      参列者の心身を祓い清めた後、祭場に神をお迎え、神饌を供えます。
  2. 祝詞(のりと)奏上・切麻散米(きりぬさんまい)の儀
    • 〜神官が執り行う〜
      祝詞( のりと) をあげ、工事の安全と建築物の永劫を願います。 最も厳粛、かつ最重要行事です。
  3. 鍬入(くわいれ) の儀
    • 〜関係者が行う〜
      苅入(かりそめ-鎌入れ)および穿初(うがちぞめ-鍬入れ)と鋤入れの行事。
      鎌入れ-設計者 鍬入れ-建主 鋤入れ-施工者とそれぞれ行います。
      ※鍬入れ:鍬(くわ)をもって土を掘る所作を3度行います。
      (鎮物埋納の儀・神主が鎮物を砂に埋めます。実際にはあとで建物の基礎に埋めます。)
    •  

      鎌入(設計者)
      鎌入(設計者)

      鍬入(建主)
      鍬入(建主)

      鋤入(施工者)
      鋤入(施工者)

  4. 玉串奉奠(たまぐしほうてん) の儀
    • 玉串奉奠
      玉串奉奠

    • 〜関係者が行う〜
      玉串を捧げ、神への崇敬の心を表す行事。
      神官から玉串を受け取ります。右手で根のほうを持ち、左手で葉を支えるように持ちます。胸のあたりで持ったまま神前に進み軽く一礼をします。玉串を水平にまわし、根を神前に向け、両手で玉串案(たまぐしあん) に供えます。次に、その場で「2 拝2拍手1拝」(深く二礼した後、拍手(かしわで) を2回し、また深く一礼)した後、自席に戻ります。
  5. 撤饌(てっせん)・昇神(しょうしん) の儀
    • 〜神官が執り行う〜
      神饌を上げた後、守護神を元の御座にお返しする行事。
  6. 直会(なおらい)の儀
    • 〜関係者が行う〜
      関係者が、神饌の神酒のおさがりを頂戴して、関係者の和楽を尊ぶ行事。

 

こうした儀式の所作や作法については、堅苦しく考える必要はありません。実際にはその場で神官が導いてくれますから、心配することはありません。
敷地内に井戸がある場合は井戸祓いも同時に行います。

 

▲ページTOP