無垢フローリング

家づくり&リフォーム 役立つ知識・技術

 

photo-muku-08

室内の広い面積を占める床材は、お部屋の印象をとても左右します。

好みに合わせていろいろなフローリングからお選びいただくことができます。

節のあるフローリングは個性的に、また節のないものは落ち着いた雰囲気に。

木そのものの色を生かしてナチュラルに、自然塗料で自分好みの色を付けることもできます。

 

一番のお薦めは、裸足で歩くと気持ちがよいことです。夏でもペタペタしません。

合板のフローリングに比べ、木の中に空気を含んでいるので、冷たさを感じにくいのも特徴です。

 

ではどんなフローリングがあるのか一部ご紹介します。

ここでご紹介している以外のフローリングも扱っておりますので、ご相談下さい。

 

 

尾鷲ヒノキ

尾鷲ヒノキは、光沢が美しいうえ強く、耐久性にも優れた銘柄材として、全国の市場で高い評価を受けています。
年輪が緻密で油脂分が多い、粘りと強さがあるのが特徴です。
弊社では、尾鷲より直接仕入れをしております。
フローリングを張ってしばらくの間、ヒノキの香りを楽しんでいただけます。

photo-muku-02ヒノキ無節

photo-muku-03ヒノキ上小節

 

 

レッドパイン(欧州赤松)

photo-muku-04色が淡白黄色で癖がなく材の硬さはやや軟らかめなのが特徴です。

ヨーロッパや北欧などでは家に節のあるパイン材をよく使います。
レッドパインのフローリングはこの節がアクセントとなりやわらかい雰囲気を演出します。

 

 

カバサクラ

photo-muku-05

日本でサクラフローリングと呼ばれているほとんどは、西南カバとよばれる中国南部で取れるカバのことをサクラと呼んでいます。
よく街中で見かける春に咲くサクラとは別物です。
西南カバはほんのりとしたピンク色が特徴です。

 

 

オーク(ナラ)

photo-muku-06

ナラはオークとも呼ばれ、堅く木目もはっきりし、また柾目には虎斑(とらふ)という独特の模様があり、フローリングとして広く親しまれています。

 

 

チーク

photo-muku-07

チークは耐久性のある木材で、堅く、寸法のくるいが少ないといった優れた特性があります。
昔からあるチークオイルと言われる木材保護材は、チーク材から抽出されたオイルです。 
家具材に使われていたり、船舶用材としても使われています。

 

 

▲ページTOP