耐震リフォーム

耐震リフォームの必要のある家とは?

1970年代 経済成長の頃、住宅の建設ラッシュが起きました。
私達も実際のお宅にたずさわり、その年代に建てられたお家が多いことを日々実感しています。環境のこと、これからの人生のこと、色々考えて、この家を残し、過ごしたいとお考えの場合は、リフォームしたいと思ったその機会に、構造的にも補強しておくことをお薦めします。
また、お住まいの家は古くて心配、地震が来たらどうしましょう?と思っていらっしゃる方は、まずは現状のお住まいがどの位の強さがあるのか知ることをお薦めします。

 

これは建築基準法の歩みです。

1950年(昭和25年)

建築基準法 制定
地震力に対する必要壁量などの耐震設計の義務付け。
1971年(昭和46年) 建築基準法 改正
木造住宅の基礎はコンクリート造布基礎と規定されました。
1981年(昭和56年) 建築基準法 改正  新耐震設計法の導入
建物にかかる地震力の算定法が変わり、壁量は当初の約2倍に増えました。
1995年(平成7年) 建築基準法 改正
接合金物などの奨励。
2000年(平成12年) 建築基準法 改正
地耐力に応じて基礎を特定、限界耐力計算の導入がされました

 

上記で注目すべきは、1981年(昭和56年)の建築基準法の改正では、壁量が制定当初の2倍になっている点です。

実際、阪神淡路大震災では、壁量が半分の1981年(昭和56年)以前に建てられた建物は特に大きな被害をもたらしました。
その後、2000年にも改正され、現在はさらに地震に強い家づくりが義務づけられています。建築基準法の改正と建築年を比べると、お住まいの耐震性の目安となると思います。もし、お住まいが1981年6月以前に確認申請を受けたものなら、耐震診断を受けてみることをお薦めします。

 

 

耐震診断

photo-taishin-01photo-taishin-02 

次に耐震性が低いのでは?と思ったら、耐震診断をうけることになりますが、よくわからなく不安なことも多いと思います。
耐震診断はどんなことを調査するのかご説明します。
木造住宅の耐震診断は、国土交通省監修・(財)日本建築防災協会のマニュアルに準じて行います。

 

診断項目は、

 

(1)地盤・基礎の状態ですが、建物の傾き(例えば床が斜めな気がするなど)がある場合は、地盤が軟弱な可能性があります。その場合は本格的な地盤調査が必要なこともあります。
基礎は、建物の外周部、床下にもぐっての調査を行います。 

 

基礎の状態(ひび割れはないか等)、布基礎なのか、ベタ基礎なのかを確認します。

 

(2)壁の割合と配置、建物の形などを調査します。
建物の壁の位置、筋交いの有無、窓の大きさ、全体の壁がバランスよく十分に配置されているかを確認します。
建物の形も重要です。建物の形が不整形だと、ねじれが生じ倒壊しやすくなります。

狭小の3階建てで1階部分に駐車場がある場合や、凹凸の多い建物などは、耐力壁の配置が難しので強度が低いことが多々あります。

 

(3)建物の重量は、屋根が大きくかかわっています。屋根材には粘土系(和瓦・洋瓦)、スレート系、セメント系、金属系などがありますが、古い木造住宅に多いのが、瓦屋根です。瓦屋根は重いため、地震が起きると建物に大きな荷重負担がかかり、その重みに耐えられないと建物は崩れてしまいます。瓦屋根よりも軽いスレート葺きや金属系の屋根の方が地震に強いといえます。でも、適切な耐力壁の配置、形状でしたら瓦屋根でも十分丈夫なお住まいになりますのでご安心を。

 

(4)接合部の金物はついているのか、柱、土台などの老朽度なども確認します。

 

 

これらの調査項目を元に、耐震診断を行います。
診断の結果、補強の必要がある場合は、補強方法を検討し、お打合せを行い、補強工事を行うこととなります。

 

 

耐震補強 

photo-taishin-03photo-taishin-04

photo-taishin-05

では、具体的にどのような補強を行うのかご説明します。

 

(1)地盤・基礎
地盤は地盤調査で改良の必要がある場合、建物全体をジャッキアップ(持ち上げ)して、建物の基礎下に杭やコンクリートで支持する工事を行う場合があります。
基礎は、現状ある基礎の内側に基礎を新たに造り強度を増す方法や、写真のように現状の基礎とベタ基礎をつなげる方法もあります。
基礎の補強で建物の支持が安定することになります。 

 

(2)壁量とバランスですが、壁量が不足している場合、今ある壁に筋交いや、構造用合板を張ることのみでは強度があがらない場合がほとんどです。
その場合、以前からある大き過ぎる窓を小さくして、耐力壁を増やし(特に建物の隅角部の壁は有効です)バランスをみて耐力壁を配置していきます。

 

(3)建物の重量を軽くする為、瓦屋根よりも軽いスレート葺きや金属系の屋根に葺き替えます。
写真のように瓦屋根を撤去し、スレート葺きにした場合、重さは1/3程度までになるため、耐震性を高める方法としてもとても有効です。
また新規に防水のルーフィング張りや、雨漏りしている場合の修理も同時に行います。

 

その他、2階の和室の床下地が荒板と呼ばれる板の場合、強度のある合板の床下地にすることにより、水平強度を高めるようにします。

 

 

お住まいによって補強方法は様々です。

また、耐震にかける費用の他に実現したいリフォームがある方も多いと思います。
それぞれ打合せしながら、耐震補強を行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

 

▲ページTOP