耐震補強をして全面リフォームしました

 

05_img1
完成した玄関土間。お施主様のお好き
なステンドグラスをアクセントに。

 

築50年近くなった木造の2階建てのお宅をリフォームいたしました。

 

古いお宅ですので、耐震補強をしっかりとした上で、内装や住宅設備の取り替えへと進みます。

今回の耐震補強は、基礎の補強、壁の補強、それから瓦屋根を重量の軽いコロニアルに葺き替えをしました。

耐震補強の基本的な方法で耐震補強の基本的な方法を取り、全面リフォームをしております。

 

それぞれの工程をご紹介いたします。

大規模な工事でしたが、この耐震補強とリフォームをしたことによってこの住宅は新しく生まれ変わり、さらにこの先何年も使い続けられる住宅となったわけです。

古く、大変痛んでいた住宅を、リフォームをして暮らそうというお施主様の熱意と、創建舎スタッフの熱意、職人の熱意がふんだんに詰まったお宅です。

耐震補強をお考えの方がいらっしゃいましたら、参考にしていただければ嬉しく思います。

 

 

ダイニング

 

05_img2dining1

 

 

フローリングはパイン、建具はシナ

 

05_img2dining2

 

 

玄関とダイニングの間仕切戸は光をふんだんに入れるため、

ポリカーボネートを入れた框戸です。

 

 

解体中の様子

 

05_img3kaitai1 05_img3kaitai2 05_img3kaitai3 

まずは、解体。今回は床、壁、天井をすべて剥しますので解体もなかなか時間がかかります。

発生屑も大量です。

 

 

基礎補強  (既存の布基礎に新しい基礎を抱き合わせる)

 

05_img4hokyo1

 

既存基礎に、鉄筋を埋め込むための穴を空けます

 

05_img4hokyo2

 

粉があると付着が悪いので取り除いています

 

05_img4hokyo3

 

ケミカルと呼ばれる硬化剤が入ったカプセルを穴に入れ、

 

05_img4hokyo4

 

鉄筋を差し込んでケミカルのカプセルを割ると硬化が始まり、鉄筋が固定されます

既存の基礎が鉄筋が入っていない場合は、隣に抱き合わせて新しい鉄筋入りの基礎を打つことが理想です。

上記の写真は既存の基礎と新しい基礎が一体として力を受け止めることが出来るよう、鉄筋を既存基礎に差し込んで、新しく打たれる基礎まで伸ばして一体化しようとしている施工です。

 

 

コンクリート打設

 

05_img5con

 

布基礎に新しい基礎を抱き合わせるのはもちろんのこと、床下一面に基礎を打ち、ベタ基礎とします。

 

既存布基礎と新規のベタ基礎が一体化することによって地震に踏ん張りが利く基礎となります。

以前は、外壁もサッシも木製でした。とても意匠性の良い素材ですが、今回は気密性、将来のメンテナンスの楽さなどを検討し、ペアガラスアルミサッシとサイディングを採用しました。

断熱性は上がっております。

外壁には通気層も取っております。

 

 

金物の補強

 

05_img6metal1 05_img6metal2

次は、痛んでいる柱や土台を取り替えたりします。

この段階で土台と柱、柱と梁など構造体を連結している金物を新しいものに取り替えたり、追加で入れたりします。

地震の際、引き抜かれたりしないように、しっかり取付ます。

 

 

そして壁・床には構造用合板を

 

05_img7goban1 05_img7goban2 05_img7goban3

 

05_img7goban4

壁のバランスを考慮しながら構造用合板を配置して壁の耐力を上げていきます。

壁だけではなく、床にも合板を使って剛性を高くすることによって地震の際の倒壊を防ぎます。

耐圧板の基礎を打っているので地面からの湿気を直接受けていたは今までより土台や大引きなど床下にある木材が傷む危険性がとても低くなっています。

 

 

大事なポイントは、屋根が軽いこと

 

05_img8point1 05_img8point2

建物の一番上の屋根が重いのと軽いのでは、建物にとって地震に対抗する際には大きな差となります。

当然軽い方が有利。日本瓦をやめて、コロニアルに葺き替えをしています。

 

 

窓も付いて、出来上がってきました

 

05_img9mado1 05_img9mado2

サッシも新しくなってだんだん完成に近づいてきました。

 

 

そろそろ仕上げ、どんどん綺麗になっていきます

 

 05_img10shiage-b1
 施工中05_img10shiage-b2
05_img10shiage-a
しっかりと耐震補強が出来上がったら、後は仕上げ工事です。

例えばこの和室ですが、壁を剥して耐震補強をして内装を新しくして。

それ以外は何も変えていないけれど美しい和室へ生まれ変わりました。

 

 

完成です。

 

05_img11kansei

 

 

玄関ドアのグリーンと外壁の色のトーンがなかなか渋い組み合わせとなりました。

 

▲ページTOP