趣きはそのままで快適な生活を目指そう

 

01

 

この家の設計をした方は、「暮らしの手帖」の編集長をされていた方だそうで(その当時ですよ。)こだわりをもって、設計をされた家です。
その当時の暮らしの手帖に紹介された記事を、お施主様に見せていただいたり、建築当時のお話を聞いたりしているうちに、お施主様がとても家に愛着を持っていらっしゃることが伝わってきました。
出来るだけ今の趣を残して、傷んだり壊れたりしている所は取り替えていきましょう。一緒に耐震補強もやりましょう。と、そのように打ち合わせは進んでいきました。
結果、間取りが変わったのは、1部屋だけ。あとは全て今までの間取り、大きさのまま、全面リフォームとなりました。
お施主様はリフォーム後、遊びにいらした息子さんに「殆ど前のまんまじゃないの?」と聞かれたそうですが、「私は、これが良くてそのように作ったの。」と答えられたそうです。
このお家は、今回健康になり、強くなり、この先の40年に向かって新しいスタートを切ったところなのです。

 

外観

 

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
 03
 以前は、外壁もサッシも木製でした。とても意匠性の良い素材ですが、今回は気密性、将来のメンテナンスの
楽さなどを検討いたしまして、ペアガラスアルミサッシとサイディングを採用しました。
断熱性は上がっております。外壁には通気層も取っております。

 

キッチン

 

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
 05
 全部作り変えているのですが、元のレイアウトと殆ど同じに復元しました。

 

居間

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
08
09
皆が集まる居間は和室です。
以前は木サッシにくもりガラスでしたが、今度は障子を入れました。広めの桟が素敵です。
1Fは、扉やサッシを開け放てば、居間とダイニングとウッドデッキがひと続きとなります。
とても開放的な、気持ちの良い空間です。

 

寝室

 

 
 2Fは窓を新しくして、壁は珪藻土で仕上げました。

 

ウッドデッキ

 

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
 
21
ダイニングに面している南面にウッドデッキはあります。
このお宅は軒も深いのですが、このウッドデッキは屋根があるようなものですから、
雨の日でもここに洗濯物が干せます。
夏は直射日光を遮ってくれて、家のなかはとても涼やか。深い軒、頼もしい存在です。

 

▲ページTOP