仕事に行きたくなくなっちゃう、ダイニング

壁を取り払い広めなオープンキッチンを造作(東京都品川区)

006_01006_02

お引渡しが終わって、お施主様にリフォーム後の使い心地を最初にお伺いした時、お施主様の奥様がおっしゃった言葉が、「主人が、朝ご飯を食べているとダイニングが気持ちよくて仕事に行きたくなくなっちゃう、って言うのよ!」

 

リフォーム後、オープンキッチンのすぐ近くにダイニングテーブルを置いているこのお宅は、以前は独立したキッチンで、隣の部屋がダイニングでした。

以前のレンジフードや、キッチン吊戸が着いていた壁が、木でできた、構造には関係のない間仕切り壁でしたので、壁を取り払い、キッチンカウンターが広めなオープンキッチンを造作しました。壁を一つ取り払ったことによって、2つの部屋が1つになるわけですがら、広がり感はもちろんのこと、今まで比較的窓が小さく、光が少なかったキッチンが、家の中で一番明るい場所に、ジャーン〜という音と共に現したとイメージしてください。まさに家の中心はこの場所。家族みんなが集まるお部屋です。

 

そしていつも奥様が、朗らかにお食事を作ったり、お茶をいれたりされています。

いつお邪魔しても、とても綺麗にお使いになっていて、私はその度に、とても幸せな気持ちにさせて頂いております。

設計プランは奥様が担当。図面と施工が私の担当といっても過言ではない程、奥様のアイデアに溢れているキッチンです。

オーダーメイドならではの、ジャストフィットのキッチンとなっています。

 

 

 

キッチン

 

006_03
006_04 
 
006_05
006_06
 

キッチンカウンターは、デュポン社の人造大理石で、色はカメオホワイトです。
キッチン、食器棚、吊戸の扉は、熱や汚れに強い、メラミンを使っています。

キッチンをダイニング側から見ると、お箸や、スプーンを入れる引き出しや、引き違い扉の食器棚があります。
これが、ダイニング側にいる人が、自然とお手伝いしたくなっちゃうレイアウトなのですよ。お薦めです。

 

 

キッチンの続きとダイニングです!

 

006_07
006_08 
上:完成当時のダイニング。テーブルがまだ入っておりません。
下:お施主様の家具や、シエードなどが入った様子。出窓には、いつも植物がさりげなく飾られていて、素敵です。

 

 

洗面室

 

006_09 
 
006_10
006_11
洗面室は、洗濯パンを小さくし、その分、洗面化粧台はワイドが広いものがつきました。
鏡も壁全体につけましたので、お部屋が広く見えます。

 

 

建具

 

006_12

006_13

006_14

リフォーム前は、白い建具でしたが、ナチュラルな木の色の面材を使って新しく造りましょうということになりました。ただ、今までの建具で使われていたガラスは、再利用したいとのお施主様のアイデアにより、以前の建具からガラスを再利用した3枚の建具が出来上がりました。

 

 

収納

 

006_15006_16

 

以前は、和室だったお部屋の床を、フローリングに貼替えをしました。
押入れは奥行きはそのままに、天井までの折れ戸に替えました。吊戸棚も、新たに設置しました。
マンションにお住まいのお施主様は、収納がお上手な方が多い気がします。
限られたスペースをご自分なりに、工夫して収納されていたり、使わないものは、きっぱり処分されたり・・・
 
上の照明器具は、以前からお施主様がお使いになっていた物です。
ペンダントタイプでしたが、今回電気屋さんに天井付けに変えてもらいました。
とても趣のあるデザインで、再利用できて良かった、と気に入っている照明器具です。

 

 

006_21
006_22
 
006_23
左に見える白い扉は元から同じ位置に収納がありました。中の棚も新しくしましたが、扉も新しくなっています。

右のドアの上にある小さな観音開きのドアは、工事中にお施主様が、大工さんが解体した処で、「ここに空間があるので、収納にしましょう!」と急遽、追加になった収納です。
「収納の入口の高さが、あまり取れないので、物を入れ難いかもしれませんよ。」

との私の言葉にも、「大丈夫、大丈夫。入れる物を考えるから。」とのお返事。
やはり、収納の達人かもしれません。

 

 

ピアノの上にも収納が!

 

006_24
 
006_25
ピアノ上に楽譜入れを作りました。使う場所の近くに収納を置くことが、片付け上手の基本なのですね。 

 

▲ページTOP