セルロースファイバー

photo-cell-01リフォームの様子

断熱は、住宅の基本性能であり、暮らしの快適さを左右する重要な要素です。
新聞古紙などから再生されているセルロースファイバーは性能だけでなく、環境にも配慮した断熱材です。
断熱性能や吸音や壁内の調湿などの効果もあり、リフォームでも、セルロースファイバーを吹き込んで、ぐっと断熱効果があがったお宅がたくさんあります。

 

 

断熱性能、防音

天然の木質繊維で、非常に高い断熱性能があります。
セルロースファイバーは、様々な太さの繊維が絡み合い、空気の層をつくることはもちろん、1本1本の繊維の中にも自然の空気胞が存在しているのです。この空気の存在がよりいっそう熱や音を伝えにくくします。
さらに、木質繊維特有の吸放湿性で壁内の適度な湿度を保ちます。
木のパルプの成分はセルロース、ヘミセルロース、リグニンです。
そのうち、吸放湿するのがセルロースです。

 

 

 

photo-cell-02

カビ・害虫にも安心

木質繊維が持つ吸放湿性の効果でカビや菌の発生を防止。
害虫に対しても効果があります。

 

 

燃えても有毒ガスが発生しません

難燃処理により、万一、火災にあったとしても延焼を防ぎ、有毒ガスの発生もありません。

 

 

エコロジー

埋めれば土へ戻るエコロジーな素材。人体にも無害です。

 

 

また、お住まいの状況により、セルロースファイバー以外にも、グラスウール、ポリスチレンフォームやウレタンフォームなど、施工場所や費用などそれぞれにあったものを施工しておりますので、詳しくはご相談下さい。

▲ページTOP