太陽光発電・給湯

高効率給湯機 エコジョーズ

 eco-02eco-01

 

 

もう、すっかり認知されている商品だと思いますが、効率を高めた給湯機:エコジョーズ。

お水をお湯にするために燃やしたガスの排気熱を、もう一度お湯を作るために使うことによって、ガスエネルギーを効率よく、大切に使います。
我社での、商品値段を従来タイプの給湯機と高効率タイプの給湯機の値段を比較してみた所、差は約20,000円。
ご家族何人でお住まいか(=どのくらいの量のお湯を使用しているか)で変わりますが、初期投資、約20,000円の値段差であれば、何年か使うと、ガス代の節約の方が勝って、地球に優しくお財布にも優しいということが、あり得ます。


給湯機取替えの際には、ぜひ、高効率タイプをお選びください。

また、一度お湯を作るために燃やしたガスの排気で、発電もするという給湯機(エコウィル)もあります。 

 

 

自然冷媒(CO2)・ヒートポンプ給湯機 エコキュート

eco-03

大気中にある熱を汲み上げ、それを圧縮して高温化し、その熱を水に伝えてお湯を作る仕組みの給湯機。
よく、”空気でお湯を沸かす”という言葉で表現されていると思います。
電気は、ヒートポンプを動かすために使いますが、電気を従来からある電気温水器のように熱に変換するというような、使い方はしていません。その仕組みにより、従来の電気温水器に比べて電気エネルギーの使用量は1/3で(ヒートポンプを動かすためだけに電気を使うことにより、)お湯がつくれます。

 

貯湯タンクと、ヒートポンプ両方を設置しますので、ガス給湯機と比べると、設置場所は大きくなってしまいます。

(それでも出始めの頃よりは、ずいぶん薄く、または細くはなっています。)
また初期費用は、ガス給湯機に比べて高くなります。

eco-04

 

 

 太陽光発電パネル

主に屋根の上や屋上に発電パネルを載せて太陽の光で電気を作る太陽光発電。
現在、国、都、区などから助成制度も設置され、CO2削減のため、太陽光発電を増やしていこうという働きかけは盛んです。
確かに、化石燃料を使わず(製品作成時のことは今は、置いておきます)、クリーンなエネルギーの太陽光発電。
自分の家で発電できるって楽しそうだし、嬉しいだろうな。と想像しております。
「今月の売電、こんなに儲かったよ!」なんて会話もしてみたいものです。

 

eco-06

eco-05

 

 

▲ページTOP