断熱・窓断熱など

窓の断熱

家の断熱性能が上がれば、エネルギーを使って暖房したり、冷房したりする回数や、使用量が減るはずです。
まず、お勧めなのが窓の断熱。窓はガラスで作られていますから、どうしても薄い。
屋内と屋外の熱の伝わりが激しい場所になってしまいます。
インナーサッシを取付けると、窓の断熱性能が2倍になると考えて頂いて良いと思います。
寒さはもちろんのこと、夏の暑さも軽減されます。
結露も、とても軽減されます。防音効果も高いです。
デメリットは、空気を入れ替えしたり、掃き出し窓から外にでたりする際は、2枚サッシを開けなければいけないということぐらいです。
比較的手軽で、必ず効果が出ますからお勧めです。

 

photo-dannetsu-01

 

 

インナーサッシが施工された窓。黒い枠のサッシがもともとの窓です。
内側に見える白い枠シがインナーサッシです。
色の効果でお部屋の雰囲気も変わります。

 

 窓の形によっては、インナーサッシがつけられない形状もあります。
その時は、ガラスを断熱性能の高いガラスに取替する方法をお勧めしています。
2枚のガラスの間に真空層を設けたガラスに取り換えることによって、断熱性能は2倍になるとイメージして頂ければと思います。ただ、ガラス以外の部分枠の部分は今までとかわるわけではないので、枠の部分は今までどうりの断熱性能ですし、結露も発生します。ただ、面積としては、ガラス部分の方がずっと多いですから、ちゃんと効果はあります。

 

photo-dannetsu-02
ガラスの取替をしている様子

photo-dannetsu-03
意匠的に今までの窓と変わらずすっきりしたまま
断熱性能が上げられる所は、良い所。

 

 最上階天井の断熱

お客様からご相談されることが多い場所は、最上階の夏の暑さです。
どうしても屋根や屋上に夏の日差しがガンガンと当たりますから、建物そして、部屋の中が熱くなってしまうのは当然。

屋根の断熱、天井の断熱は、ご希望される方がとても多いリフォームです。
屋根は、断熱材を敷きこむと同時に、通気層を作って屋根で温められる空気を頂上の棟から、外へ逃がしてあげると効果的です。
天井の断熱をする際は、断熱材の厚みを確保するため、天井高さが今までより低くなってしまうケースもあります。

 

photo-dannetsu-04
屋根に遮熱シートを貼った上に、
通気層をもうけている様子

photo-dannetsu-05
天井に断熱材のセルロースファイバーを
吹込みしている様子

 

床下の断熱、壁の断熱

冬の1Fは寒いです。1Fのトイレやお風呂は、もう、本当に寒いです。
まず、床下の断熱がしっかり入っていると足から伝わってくる冷たさが減ります。ただ、リフォームで床の断熱性能を上げようと考えた時、床を全部めくって断熱材を入れ替えるという工事になりますから、そこで生活はできるのか?荷物はどこへ持っていく?など、なかなか大がかりなリフォームとなります。

ただし床下に人が入れるスペースがあれば、床下から断熱できます。
また床の仕上げはフローリングであることが多く、施工も天井などに比べて時間がかかり費用も大きくなる傾向にあります。
フローリングを張替えたいという必要性が出た時、ご希望があった時がチャンス!断熱性能の高い物に取りかえましょう。

 

壁の仕上げ材は石膏ボードにクロスが貼ってあることが多いと思います。
フローリングに比べて比較的安い材料ですが、家の壁の面積というのは、何といっても広い。壁の断熱性能を上げようと思うと、面積がありますので、これもなかなか大がかりです。

そのチャンスは、全面的なリフォーム、もしくは、耐震改修工事などの時。耐震改修の施工は壁を剥がして施工することが多いのでその際に、一緒に断熱性能を上げる施工もしましょう。ついでにできるのであれば、断熱材はそれほど高価な商品ではありません。とてもお得に感じられると思います。

 

photo-dannetsu-06
床の断熱材が取替終わった所

photo-dannetsu-07
壁セルロース断熱

 

▲ページTOP