全棟構造計算

創建舎は耐震等級2以上を目指します。

 

zentou-img01

構造計算とは

構造計算とは自然災害(地震や台風、積雪など)を受けた際の安全性を計算するものです。

地震の揺れに耐えられる構造か、風圧や雪圧に耐えられるかを構造計算により検討します。これらは、屋根の重さ、耐力壁の量などにより一定の計算式により求められます。

 

より安全なお住まいの提供を目指します

創建舎では皆様が安心・安全に生活をおくっていただけるように、耐震等級2以上の建築物を建てることをめざしております。

そのため、全棟で構造計算をおこなっております。

 

 ※木造2階建てで、延べ面積500㎡以下の建物は構造計算の義務はありませんので、構造計算なしで建てられる家が多くあります。

▲ページTOP