OMソーラーの家

基本的なしくみ

OMソーラーは、建物全体をしくみとして活用します。だから、暖房器具のようにポンと設置することはできません。設計段階から太陽熱利用を考えていきます。

 

omkihon

冬は、軒先(のきさき)から外気を入れ、屋根に降り注ぐ太陽熱で温め、それを床下へ送ります。

温められた空気は、基礎のコンクリートを温めながら、部屋の中へと流れ出ます。

 

夕方になると、外気温の低下とともに熱を蓄えたコンクリートが少しずつ放熱をはじめ、部屋全体が床から温まります。日中、太陽の熱を貯めておき、その熱の貯金を夜明けまで使う、というしくみです。

 

夏は熱い空気は外へ排気されます。

 

屋根で集熱

太陽があたり屋根面が熱くなると、新鮮な外気が軒先から屋根の通気層に入ってきます。この空気は太陽の熱で温められながらゆっくりと昇っていき、ガラス付き集熱面でさらに温度を上げ、棟ダクトに集められます。地域や季節の条件によってちがいますが、冬の快晴の日であれば、集熱温度は約60℃ほどにもなります。

 

 

ファンを使って熱い空気を床下に送る

棟ダクトに集めた熱い空気は、OMハンドリングボックスを通って床下に送られます。

omichiran

 

 

 

床下のコンクリートに熱を貯める

立ち下りダクトを通して送られてきた熱い空気は、床下の空気層をゆっくりと流れ、蓄熱コンクリートを温めながら、 適温の微風となって室内に流れ出します。太陽が沈んだ後、外気温の低下とともに、床下のコンクリートからゆっくり放熱が始まります。

 

 

冬は床暖房しながら換気も行う

omfuyu

OMソーラーシステムが稼働している間は、常に新鮮な外気を室内に採り込んでいます。暖房しながら、換気もしているのです。

 

暖かく住むには、建物の気密はかかせません。でも気密を高めると、換気量が少なくなって、部屋の空気が汚れてしまいます。そんな建物の気密性と換気のバランスの面からも、OMソーラーシステムが注目されています。

 

夏の昼は、蒸した屋根の熱気を排気します

omnatsuhiru

夏の昼は、カンカンに熱くなった屋根の熱気を建物の外へ排気します。

建物全体に受ける熱を少しでも減らすことで、エアコンの効きも違ってきます。

 

夏の夜は、夜風から涼しさをもらう

omnatsuyoru

夏の夜は、放射冷却現象によって屋根が冷えます。

 

これを利用して、少しでも温度の下がった空気を室内にとりこみます。「冷房」とまではいえないものの、自然を活かした採涼法です。

 

 

▲ページTOP