シロアリ対策

シロアリ対策は(1)予防(2)被害拡大防止のための早期発見が重要です。siroari
薬に頼るのではなく、シロアリが入りにくい建築的バリアを作り、蟻害を受けにくい材料を使い木材を常に乾燥させ、点検が出来るようにすることがポイントになります。

 

 

シロアリについて

シロアリは住宅に使われる木材や畳などを食べることがあります。その食害の範囲や部位によっては、構造的な問題(耐震性の低下など)を引き起こす可能性もあります。したがって、住宅を提供し、住宅のリフォームを行っている当社の役割として、当然シロアリへの対策をきちんと考えておく必要があります。以下に、シロアリの性質などを解説しながら、当社のシロアリ対策に対する基本的な考え方を述べます。

 

シロアリ対策の整理とポイント

シロアリ対策には次のような3つの大きなポイントがあります。

  • ◎  被害に至るまでの予防

  • ◎  被害を最小限に抑える工夫

      • ◎  被害に遭ったときの駆除などの措置

        • これらを総合的に考えていくことが、適切なシロアリ対策となります。

 

1  被害に至るまでの予防

      • シロアリの被害のほとんどは、住宅に使われる木材にシロアリが到達したときから始まります。具体的には「土台」「束」「大引き」などです。シロアリをここまで到達させなければ、シロアリによる被害は抑えられるわけです。このために行われる措置は次のように分類できます。

         

      • 物理的にバリアをつくる

      • 土壌に薬剤処理を行う

      •  

        また木材(土台など)への薬剤処理が一般的に行われていますが、これも「予防」の効果があると考えてよいものです。シロアリは齧った部材に強い違和感を感じたり、それを食べた仲間が死ぬことで、その場所での活動を停止する性質があると考えられているからです。

        ここで極めて重要なことは、どのような予防措置も「完璧」ではないということです。何らかの策が「完璧」であると過信してしまうと間違いを引き起こします。もちろんできる限りの予防措置は講じるべきですが、それだけに頼らない姿勢が重要です。

 

2  被害を最小限に抑える工夫

      • 予防策に完璧はないという「事実」を考えたとき、被害を最小限に抑える工夫が必要になります。これには次のような事柄が挙げられます。

      • 木材にホウ酸処理を行う

      • シロアリに強い樹種を使う

      • 被害やシロアリの活動が早期発見できるようにする

     

    • 木材に薬剤処理を行うことは予防的な役割とともに、被害を抑える働きをします。またシロアリに強い樹種を使うことも同様です。

      ここでとくに重要になってくるのが、3.の「早期発見」という考え方です。早い時期に発見できるほど駆除などの対策が容易になり、また改修工事などの金額も抑えられます。具体的には、「定期的な点検を行う」「床下のあらゆる場所が目視できるようにしておく」というような内容になります。

 

3  被害に遭ったときの駆除などの措置

    • シロアリの被害が確認されたときには、その被害の状況によって「部材を交換する」「駆除する」という措置が必要になります。とくに構造的に重要な役割を果たしている材料が被害に遭ったときには、慎重で確実な措置が必要です。また当然、被害を広げたり、被害の再発を防止するために確実に駆除しなければなりません。

 

当社のシロアリ対策における基本的な考え方

予防や被害を抑えるために薬剤は有効な措置のひとつですが、こうした薬剤には室内の空気を汚染する恐れがあるものもあるため、まずは「薬剤に頼らない」というスタンスで臨みます。従って、予防措置としては「物理的にバリアをつくる」ことを基本に考えます。また被害を最小限に抑えるために、「早期発見のための措置や態勢」を基本に置きながら、シロアリに強い樹種を使うなどの対策を行います。

その上で、補助として、人間に無害なホウ酸で木材に防蟻性能を持たせます

 

1 基礎はベタ基礎

ari1-01

シロアリ対策の一番はシロアリが建物の中に侵入しにくくすることです。それに効果的なのはベタ基礎で有効な物理的バリアになります。
創建舎では打ち継ぎが出来ない、ベースと立ち上げを同時に打設する、一発打ちを標準としています。(土地の段差や建物計画により、不可能の場合もあります)

 

2 蟻返しを設け、点検用床下高を確保

ari2-01

基礎と土台の間に、樹脂製の“蟻返し”を挟み込むことによって、万が一床下に入り込んだシロアリは上に上がりにくくなります。また基礎断熱の裏側に入り込んだシロアリも表に出てくる形になるので、蟻道が見え早期発見にもつながるのです。

 

蟻返し仕様;  FUKUVI 土台ガード

 

また、点検で床下に潜れるように床下の高さを確保します。

 

 

ari2-02 ari2-04 ari2-03 

 

ari2-05

 

3 D-1樹種を使用

土台、柱には、シロアリに食べられにくいD-1樹種材を使用します。創建舎では土台を国産の桧、柱に国産の桧か杉を使用しています。

ari3-01

ari3-02

 

4 配管貫通部は基礎の立ち上がりに抜く

ari4-01

ベースに抜くと白蟻が侵入するリスクが増えます。

配管後の隙間は無収縮モルタルを充填します。

 

5 床束はプラスチック束を使用する

ari5-02 ari5-01

木の束と違い、蟻道をつくりにくくします。

 

 

6 外壁に外通気層を設ける

ari6-01 

外壁の構造材の外を空気が常に流れるようにしてやり、土台や柱が常に乾燥しているようにします。

 

 

7 ポーチと建物は縁を切る

ari7-01 

玄関周りからの侵入を防ぐために、ポーチと建物は縁を切り砂利や砂のスリットを設けます。

 

 

8 浴室はユニットバスとする

ari8-01 

壁、天井を木など張る場合はハーフユニットバスを使用。

 

 

 

 

▲ページTOP