通気層工法

外壁構造材の外に空気が流れるようにして、土台や柱などの構造材をいつも乾燥させ結露を防ぎ、かつ強度を保たせることにより長寿命の家に繋がります。
また、断熱材の外側に空気層がありますので、断熱効果が数段増します。

 

外通気

12-01

構造材の上に透湿防水シートを張り、土台外の下のほうに虫除けの通気材を取り付けます。

 

12-02

通気胴縁の木を外側に取り付け、空気が通るスペースを2cmくらい確保します。

その上にモルタル塗りの場合は下地の杉板を張っていきます。

この下地板の上に更に防水紙を張りますので、防水が二重になります。

 

 

 

12-03

モルタルを塗って仕上げた例の写真です。水切り(ガルバリウム鋼板)の上の隙間から外壁の中に空気が入っていきます。

通気層の上と下の温度差によって、空気は自然と上に流れて行きます。

 

 

屋根通気

12-04 12-05

屋根の骨組みである垂木(タルキ)の間に、

空気が通るスペースを確保します。

 

12-06

断熱材(セルロースファイバー)を吹き込んでいるところですが、

この断熱材の上に空気層が出来ます。

 

12-07

屋根の中を上がって来た空気は棟の換気口から出て行きます。

もちろん雨は入らないしくみになっています。

 

 

 

 

 

▲ページTOP