創建舎の大工たち

大工の現状

image-

近年、熟練職人が不要な家づくりが主流になって、職人が生きるのに厳しい社会になってきました。大手ハウスメーカーさんやローコストビルダーさんなどの量産メーカーは、そういう技能を必要としない簡易な工法で出来るようにしているからです。
片やローコストハウス系では、大工(必ずしも熟練職人ではないですが)は夜遅くまで毎日現場で仕事をして、やっと食べられる、という労働環境が続いています。若者がこういう実情を知れば大工になろうとはしないでしょう。小中学生に人気のある職業ですが、大工に明るい将来が見えないからです。結果、だんだんと大工は高齢化し、若い大工の成り手がいなくなりました。

 

 hyo-1

hyo-2

若い人たちの夢が、努力すればかなう道筋を示さなければならないでしょう。若い職人たちを絶やしてはいけません!
その反面、手作り感ある家を求める人たちが増えて来ているのも事実です。例えば、階段も工場で加工して来たものを現場で組み立てるだけで済む工法が主流になっていますが、無垢の木の階段で、木の良さを活かしディテールを綺麗に収めるためには手加工が必要になります。しかし、そういう家づくりが困難になって来ているわけです。

いつでも、家を建てる人は皆、「いい大工に建ててもらいたい」と言います。設計事務所さんも言います。今後もずっと言い続けるでしょう。

 

 

大工を育成する意義

創建舎は大工を若い時から育てています。一人前でも若い大工が多いです。
創建舎の大工たちは一人前になると、いい道具を自前で揃えます。
簡単な道具でほとんど組みたてられるローコストやプレファブの家とまったく違う家づくりをしているので、多種多様な道具が必要になります。

 

01-nomi

 

 

 

 

 

 

 

例えばノミにしても、荒彫り用の「叩きノミ」、造作や仕上げに使う「追入ノミ」、柄の長い「突きノミ」、深い穴を彫る「向待ノミ」、などなど・・・彫る場所や目的によって使い分けられます。
彼らは、時々会社に借金をして毎月少しずつ返済しながら、徐々に買い揃えて行きます。

 

02-togi

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の道具なので大事に扱い、いい仕事をするモチベーションになります。
研ぎが出来れば一人前、と言われるほど砥ぎは難しいものです。砥ぎは大工間での上下関係のコミュニケーションに寄与しますが、何よりも腕の差がわかり、上達度が出ます。

 

03-meeting

 

 

 

時々行われる社内勉強会には大工たちも参加します。日ごろ自分たちが造っている家の性能を知り、自分たちの仕事にどう繋がっているのか、その意味を知る良い機会になります。

また、例えば不具合があれば状況報告がされ、原因や注意点を確認し合いレベルアップを図ります。

大工たちも現場からの意見を述べ、標準図や納まり図に反映させていきます。

今時の大工は机上での勉強も必要です。
設計施工の優れたところでもあります。

 

04-meeting

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、大工たちは現場から帰ってくると、監督や設計スタッフと打ち合わせを行います。日々の現場情報や問題点がわかり、迅速な対応が可能になります。
これも設計施工の良いところのひとつです。

 

 創建舎では大工を増やしていますが、そうすぐには増えません。そのため、年間の棟数も多くは出来ません。
彼らが安心して、誇りを持って永く働ける職場環境にすることで、技術は継承され、家守りも続けて行けます。
「ひとのすむ家=ひとがつくる家」、です。

 

05-kanna

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近では珍しい光景になってしまった、「カンナ掛け」。

創建舎では日常の光景です。

 

05-present

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分たちの家を建てている大工にあこがれた男の子の兄弟からの差し入れ。

 

06-kiji

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大工の棟梁、上井戸が腕の良い大工として、シンガポールのメジャー新聞に紹介されました。

 

 ※他の棟梁たちも修行して、上井戸と同等の技量を持っています。

 

 

 

▲ページTOP